重要なのはオーディエンス、表現伝達能力、コスト

広告主はある3つのポイントをヒントに媒体を選択している

そして広告スペースや形態の自由度があり、色彩効果が期待できる、などの特長がありますが、公共性と都市美観上の観点から、道路交通取締法、屋外広告物法などの法規制の適用を受けます。屋外広告の中で、最近人気が高まっているのが、飛行船と移動広告です。飛行船は以前から広告媒体として利用されていましたが、最近のそれは夜間でも使用でき、しかも動画が映せる大型スクリーンを備えています。

また、道路を大型の看板をのせて走り、道行く人の目をひく看板トラックや、広告トレーラー、看板の代わりに、動く映像を使ってさらに効果を高めた「モーボトロン」などが新しい広告媒体として注目されています。新聞折込広告。主婦の買物に最も役に立つ情報源は何かというと、それは新聞に折り込まれるチラシだといわれています。また地域企業の人材募集にも、折込チラシが効果をあげています。

新聞の折込広告は、人びとの生活に密着したメディアです。折込広告をよく利用する広告主としては、不動産、小売店、スーパー、デパートなどの業種が多く、最近は、広告の大型化と色彩の美しさが目をひきます。ダイレクトメール。他の媒体がいずれも不特定多数を対象としているのに対し、ダイレクトメールは特定の個人を対象とした、パーソナルな媒体です。有望な見込顧客を含む、質のよい名簿づくりが、ダイレクトメールの効果をあげる重要な鍵です。クーポン返送率、資料請求率などのレスポンスをもとにしてリストの更新を行うと共に、常に新しい名簿づくりを心がける必要があります。ダイレクトメールは、現在増えつつある通信販売の有効な手段として利用されています。
インターネットでの広告の効果測定や、取引形態について一般人にもわかりやすく書いてあったのが広告代理店 売上保証のサイトです。イラストがメインで、わかりやすかったです。


メディアユニットの選択は、ビークルの選択よりも難しいと言われています。メディアユニットの間に料金の差はあっても、それに対応する効果のちがいがはっきりしていないからです。なお、説明の都合上、媒体、ビークル、メディアユニットの順に選択がなされると言いましたが、実際にはビークルが先に決まったり、メディアユニットがまず選択されることがあることをお断りしておきます。

媒体料金の概要。媒体の広告料金はその媒体の価値に応じて、メディアユニット別に決められていますので、各媒体のメディアユニット(広告の種類)について説明しましょう。しかし、契約による個別広告主の料金や需給バランスによるディスカウントなどを含む、いわゆる実勢料金は、ここでいう正規料金とは一致しないことが多いようです。

最新情報
2013/09/15 注目情報を更新しました。
2013/09/11 新着記事を更新しました。
2013/09/10 長所と短所を更新しました。
2013/09/07 媒体の選択法を更新しました。
2013/09/05 CATVの特性を更新しました。
2013/09/03 POP広告とは?を更新しました。
2013/09/02 広告主はある3つのポイントをヒントに媒体を選択しているを更新しました。
2013/08/30 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
ソフトバンク 法人向け広告グラフィック 販促デザイン大賞宣伝会議オンライン
Yahoo!Japanに広告を掲載する仕組みについて説明されています。リスティングとディスプレイの2種類があります。良質なデザインの販促印刷物を公募・表彰する目的をもったコンテストです。月2回発行の宣伝会議を出版している『株式会社宣伝会議 』のオンラインサイトです。